PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典
ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典 (JUGEMレビュー »)
B.K.S. アイアンガー, B.K.S. Iyengar, 沖 正弘, 玉木 瑞枝, 後藤 南海雄
これ片手に修行中
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    歩みを合わせる
    0
      子どもとの生活では、こちらの心のあり方で見えてくるものが大きく違ってきます。


      子どもの歩幅に合わせることが、至福の時間になる時もあれば、忍耐を要することもあり。

      すべての人が子どもであったのに、大人になって心のスピードが速くなっている者にとっては、子ども独特の時間の流れはきっとかなりカルチャーショックです。


      うちの子どもたちもそれぞれ時間軸が違って、もちろん親のわたしたちとも違っていて、つい大人の時間割りにつきあってもらってしまう。

      子どもたちも共同生活者なので、ある部分はお互い様。

      なのですが、もう少し、子どもの時間に歩み寄る余裕がほしいこの頃です。


      子どもの時間の使いかたはとてもぜいたくです。じっと部屋のすみで考え事をしてたり、マンガを読みふけっていたり、反対言葉を唱えていたりする。


      それはそれは幸せそうなひととき。私も子供時代にいっぱい味わったこと、大事にしたいです。



      子どもと私の歩幅がずれてくる時はきっと、私の心がどこかにさまよって今にいない時なんです。


      学校のスキーの授業で近くのスキー場まで出かけた娘。朝の身支度のことでついオニババに・・・。

      もうすぐ帰ってくるから、あったかい飲み物でも入れて、ゆっくり一緒におやつを食べよう・・・。





























      posted by: ウレシカ | 家族 | 15:09 | comments(2) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:09 | - | - | - | - |
        子供の時間って、私は大好きです。
        怖がる子供と一緒にブランコをこいだり
        バケツをひっくり返したような雨に打たれに出たり・・・
        今では、少し大きくなった子供達。
        友達の時間が大事みたいで
        家族で遊ぶのが少なくなってきましたが

        つい最近、次男の8月頃から貯めにためた宿題を発見しました。
        ちょっとした冊子です。

        やっぱり大人になる人を育てているからには
        オニババにもなりますわね。おほほ
        | ルーシー | 2010/02/03 12:31 PM |
        子ども時代は長かったような気がするけど大人の時間で見てみると、一瞬なんだよね。

        両親は意識的か、無意識かわからないけど、私はぼんやりと、あまりかまわれ過ぎず、たっぷり子どもをやらせてもらった。
        子どものころに感じていた物事の芯の部分は今もあんまり変わっていないの・・。

        子どもたちが何を感じているのか、どこに向かっていくのか、そっと見守れる母になりたい・・・汗
        | ウレシカ | 2010/02/04 2:18 PM |